HOME > 製品紹介 > 生コン工場様向け > CONG-II

製品紹介

CONG-II

骨材 表面水計 CONG-IIとは

骨材の表面水率をリアルタイムに連続測定する表面水計です。
既存のバッチャープラントに簡単に取り付けることができます。大きな改造は必要ありません。
また、骨材の大きさに関係なく表面水を測定することができる為、細骨材・粗骨材ともに取り付け可能です。
データの処理はパソコンで行うので、ソフトの改造への対応が優れています。
1台のデータ処理システムで貯蔵ビン4基まで対応が可能です。

骨材 表面水計 CONG-II の測定ソフト

測定データの処理は全自動の為、簡単操作。
測定データをリアルタイムにグラフ化し表面水率の変動傾向を把握可能。
設定した時間毎の平均値を自動計算。(図では10分)
データは全てパソコンに自動保存され過去のデータも再表示可能。
骨材が変わった場合(測定結果にズレが生じた場合)簡単に補正が可能。
一日の測定データを、エクセルファイルで出力可能。
測定値を他の機器(他のPCやシーケンサ等)への出力が可能。
RI機器(放射線物質)を使用しないダミー信号を使い
納品前に測定システムの入出力信号チェックが可能。

メイン画面
メイン画面

エクセル出力例
エクセル出力例

骨材 表面水計 CONG-II のデータ測定原理

中性子と物質を構成する原子の原子核との相互作用を利用。※1
1.CONG-IIから速中性子(別名:高速中性子)を放出。
2.放出した速中性子が骨材の中に含まれる水素原子と衝突。速中性子が熱中性子に変換される。
3.熱中性子を検出する事で骨材の表面水率を測定。
※1 中性子線源には cf(キャルホルニウム252)を使用。

水素原子の減速能※2は、他の原子と比較して非常に大きい為、物質中に水素原子が多く存在する
ほど、速中性子は水素原子との衝突を繰り返します。骨材ビン中の骨材の表面水により減速され
散乱する熱中性子を計数することによって、骨材の表面水率w測定することができます。
※2 減速能・・・速中性子を熱中性子に変換させる能力。

Liberty-Systemとの連動

表面水計CONG-IIは、骨材の表面水率をリアルタイムに出荷管理装置に転送することができます。
CONG-IIから転送された表面水率をもとに配合設定を計算し操作盤に製造指示。
CONG-IIが測定した表面水率を時系列で保存アウトプットが可能。
表面水率を補正した配合設定値を操作盤へ出荷指示します。

↑Page top

株式会社リバティ

〒653-0055 兵庫県神戸市長田区浪松町5丁目1-19 TEL / 078-733-8080  FAX / 078-733-9090

copyright © Liberty All Right Reserved.